ニュース ホーム > ニュース > 中剛住金ベトナム会社コイル庫管理システムが順調に需要分析審査を通過した
 
中剛住金ベトナム会社コイル庫管理システムが順調に需要分析審査を通過した
     近日、中剛住金ベトナム会社(CSVCと略称する)コイル庫管理システム(運転無線測位及び庫管理システム)需要分析審査はベトナムブンタウCSVCの建設基地で開催された。会議はCSVCプロジェクトマネージャー藤野和久が主宰された。そして、会社ソリューション事業本部プログラム統括長程紅雲、プロジェクトマネージャー陳欣及びプロジェクトチームのメンバーなどが出席した。
    審査には、プロジェクト需要分析について、業務流れ分析、システム企画などを含める議題に、プロジェクトチームが詳しい紹介や説明を行い、甲方が気にかけることをお答えする。それと同時に、インターフェース部分及び関連的な議題につき、ユーザーがPLTCMラインとACLライン請負商TMEIC及びL3請負商ICSCを誘い、共同で会議に出席した。コイル庫管理システム(運転無線測位及び庫管理システム)とL3システムのインターフェース、PLTCM/CGL/ACL/CAL各L2システムとのインターフェースについて、みんなが深い検討やレビューを行った。需要分析文書が締切時間まで審査を順調に通過するために、プロジェクトチームのメンバーが毎日深夜まで残業し、「当日審査、当日修正」ということを実行し、翌日の朝ユーザーとすぐに確認し、審査が円滑に進行することを保証する。
    それに、会社プロジェクトチームの慎み深さと高い効率のやり方がユーザーの大きな好評を得た。最終、2012年3月14日、需要分析文書が正式にサインして、審査を繰り上げて通過した。
    今回、需要分析審査の成功は、会社海外プロジェクトの実施に貴重な経験を積んでいるし、プロジェクトの円滑な進行に信頼できる保証を提供している。