ニュース ホーム > ニュース > 上海青年科学技術啓明星計画プロジェクト「SOAアーキテクチャに基づく技術プラットフォーム」が検収を通過した
 
上海青年科学技術啓明星計画プロジェクト「SOAアーキテクチャに基づく技術プラットフォーム」が検収を通過した
   先日、上海市科学技術委員会は、上海宝信ソフトウェア株式会社研究開発部製品経理胡兵が責任者としての青年科学技術啓明星計画プロジェクト「SOAアーキテクチャに基づく技術プラットフォーム」(プロジェクト番号09 QB 1400500)の検収会を主催した。
   検収専門家が研究開発のまとめ、技術報告を聞き、相関的な文書資料も審査し、真面目に検討し、審議した。このプロジェクトは統一、標準、集積という指導思想とデザイン理念に基づき、SOAアーキテクチャのもとでアプリケーションシステムのデザイン、開発、テスト、手配などに大量のプロジェクトを総合する開発モデル、最適な実践工具、技術と方法を提供した。そして、アプリケーションシステムアーキテクチャ設計者、開発員、テスト者及びシステム人員が実証されたモデルと実践を迅速に実施過程に応用し、SOAアーキテクチャに基づくアプリケーションシステムを迅速に実施すると思われた。このプロジェクトは相関的パテント2項を申請し、国家標準1項、企業標準2項を申告し、相関的学術論文1篇を発表し、企業モデル応用1個を完成し、明らかな応用効果を収めた。
  SOA技術はルーズカップリングのソフトウェアアーキテクチャに頼り、企業がモジュール化の方式によって新しいサービスを添えたり、既存サービスを更新したり、新しい業務の需要にこたえる。違いルートによってサービスを提供し、同時に企業既存のアプリケーションをサービスにして、既存のIT基礎建設投資を保護した。SOA技術がその能力を持っているので、未來企業のIT建設の主流技術と投資の一番選択になる。「SOAアーキテクチャに基づく技術プラットフォーム」の造り上げは開発されたアプリケーションがもっと高い安定性と通用性を持たせ、工事プロジェクトの納付が貴重な時間を節約させ、ITブラックホールのリスクを有効的に下げさせる。
   検収専門家は胡兵が引き受けるプロジェクトに十分に肯定し、優秀なプロジェクトであると評価した。それに、啓明星フォロー計画が続けて支援を得られると望んでいる。