ニュース ホーム > ニュース > 宝信軟件は米国プロジェクトマネジメント協会にて傑出したPMO大賞を受賞
 
宝信軟件は米国プロジェクトマネジメント協会にて傑出したPMO大賞を受賞
    2003年から、宝信軟件は積極的に組織レベルのプロジェクトマネジメントを探求し、実行し、プロジェクトの管理能力の成熟度が国内業界のトップで、会社毎年1300越えのプロジェクトの安定な実施を支えている。先日、北京で開催されたPMI(中国)2011年プロジェクトマネジメント大会で、宝信軟件は傑出したPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)大賞を獲得した。ほかに同じ栄誉を得たのが中国糧油控股と中興通訊株式会社だ。
     プロジェクトマネジメントはすでに全世界の企業が戦略目標を実現する、執行力を上げるために、重要な手段の一つになった。プロジェクトマネジメントという概念は中国に導入されてから10数年以来、すでにIT、航空、エネルギー、通信、金融、制造業などいろいろな分野で使われている。PMI(米国プロジェクトマネジメント協会)は1969年に創立され、全世界プロジェクトマネジメントで権威がある組織だ。PMO大賞はPMIが初めて中国で設立する組織レベルのプロジェクトマネジメント学科の賞で、組織レベルのプロジェクトマネジメントの模範を確立する、最優秀実践を普及すること目指す。
      2003年、宝信軟件は会社レベルのプロジェクトマネジメント組織を設立する、プロジェクトの管理体系の建設を組織する、調和する、進める、実施する仕事を負担しはじめた。この会社はPMIのプロジェクトマネジメント知識体系を指針として、プロジェクトのスタート、計画、実行、コントロールと仕上げという五つプロセスに対して、立証済みの効果的プロジェクトマネジメントルールを創立した。縦方向はプレセールから運維まですべてのプロジェクトの生命周期を覆って、横方向は重要な取引先のプロジェクト、大衆を集めるプロジェクト、単一のプロジェクトなど多類のプロジェクトマネジメントを支えている。
      その上、宝信軟件は会社実情を結び付け、プロジェクトマネージャーの育成を強力に進め、プロジェクトマネージャー能力の模型と評価の構造を創立し、PM、SPMとDPMという3つのレベルがある昇進システムを形成し、徐徐に国際レベルがある専業化プロジェクトマネージャーチームを育成した。今まで、宝信軟件ではそれぞれ186名、20名、46名、24名社員が米国プロジェクトマネジメント協会PMPの資質、IPMP(国際プロジェクトマネジメント学科の認証)の資質、工信部のプロジェクトマネージャーの資質、一級建築士の資質を獲得した。