ニュース ホーム > ニュース > 宝信軟件が2010年電子情報産業先頭企業賞を獲得
 
宝信軟件が2010年電子情報産業先頭企業賞を獲得
先日、第三回電子情報産業標準化推進会で、宝信高級副総経理叢力群が企業情報化標準作業委員会主任と任命された。宝信軟件は企業情報化標準委員会の標準訂正などの仕事をしている。
宝信軟件、方正、海尓、浪潮など10家の企業が電子情報産業標準化分野での創新突破と基礎貢献により、「2010年電子情報産業先頭企業賞」を勝ち取り;宝信軟件の欧陽樹生を含め12人が電子情報産業標準化分野での管理、技術などの方面での特別貢献により、「2010年電子情報産業傑出人物」に選ばれた。
宝信軟件はソフトウェアを核心としてハードウェアとシステムインテグレーションを促進、ユーザーにコンサルティング、インテグレーションと開発、運営及びアウトソーシングなど全方位サービスを提供する。長年のサービス経験と技術創新情報価値向上の理念に基づき、一流のソリューションと製品を持っている。宝信軟件は企業情報化標準委員会主任単位と秘書処担当単位と任命され、企業情報化分野、自主知識産権と技術創新能力が肯定された。